<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

 

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。

 

クラウド パッケージの優良サイト
クラウド パッケージ
http://cloudpack.jp/service/option/docomo-cloud-package.html



<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:18-12-08

減量の時に食事の回数を減らすといけない理由を
皆様は知っていますか?

それは、脂肪がからだに定着しやすくなるからなんですね。

腹が空くのは当たり前のことですが、
イライラするほど腹が空きすぎた状態というのは、
からだに必要なエネルギーが足りておらず、危機感を感じている証拠。

この状態の時にごはんを食べると、
からだは同じようなことになるのを避けるために、
できるだけ多くのエネルギーを蓄えようとします。
このエネルギーというのが脂肪です。
 
せっかくごはんの量や回数を減らして、
摂取カロリーを減らしているつもりなのに、
吸収される脂肪や栄養素が増えてしまうのは
あまり効率がよくないですよね。

これらのマイナス面をクリアするためには
「腹が空いた状態を作らない」ことが大事なんです!

そのためには、
「食事の回数を増やす」のが有効!

ここで大切なのは、
摂取カロリーは3食の時と同じくらいにすることです。
同じように4食食べれば、
単に摂取カロリーが増えただけとなってしまいます。
 
食べ物を消化するには
だいたい三時間〜4時間かかるので、
その間隔で少量ずつ摂るとよいでしょう。

また、1回の食事量を減らさなければならないからといっても、
ごはんや麺類などの主食を減らすのはあまりよくありません。
これらを減らすとリバウンドの可能性が高くなるので注意しましょう。

三時間〜4時間おきに
規則正しく食事を摂るのはなかなか難しいかもしれませんが、
その場合は、おやつを軽い食事に変えるなどして、
食事の回数が増えるよう工夫してみてください。
 
こうして、効率よく脂肪燃焼できるからだになって、
減量を成功させましょう!

 
レーシックガイド@ レーシックガイドA レーシックガイドB レーシックガイドC レーシックガイドD