<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう

レーシック手術のリスクについて、一番多く寄せられるのが「失明するリスク」となります。
レーシックというのは角膜の手術となっているので眼球内部は触れませんので、失明の危険性はほぼ無いのです。

 

レーシックで気を付けなければいけないことはレーシック専門の医師の手術を受けるということです。
安全なレーシック手術ですが、医師が能力不足の場合ですと、感染症や合併症などのリスクが高まってしまうことは言うまでもありません。
テレビや雑誌などでレーシックについて数々特集が組まれていますがやはり心配なのはその成功率ですよね?
実際のところ優良と言われているクリニックではほとんど失敗例が無く視力を取り戻している人は多くいるのです。 まずは豊富な経験や実績のある医師を探すようにしてください。
経験豊富な医師によってレーシックを受けた場合におきましては、失明のリスクはほぼ無くなることでしょう。

 



<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しようブログ:18-9-26

息子の顎を発達させたいなら、
とにかく堅い物を食べさせよう!

柔らかい物を食べさせていると、
息子は早食いしてしまい、
咀嚼回数が極端に少なくなってしまう。

ライスなら玄米を堅めに炊く…
食パンなら黒パンをト−スターで焼いて堅くする…
麺類なら茹で過ぎないで、少し堅めに茹でる…

こういった措置を施せば、
息子は咀嚼回数を多くせざるをえなくなり、
顎を発達させていくことになる。

野菜の中でも根菜類は食物繊維が豊富なので、
サツマイモ、ジャガイモ、大根、玉葱、ゴボウなどを頻繁に出すようにすれば、
息子はそれらを簡単には飲み込むことができず、
咀嚼回数を多くすることで
くちの中で細かくしていかざるをえなくなる。

肉などは、大きめな肉を食べさせよう。

焼肉のようにくちでモゴモゴできる大きさこそ、
肉の味を堪能できるのであって、
肉を細かくしてしまうと、
結局、肉を加工することで肉以外の味を味わうしかなくなる。

ハンバーグなどのようなものは、
出来るだけ回数を減らすのが望ましい。

それと
定期的に木の実を食べさせよう。
木の実はどうしてもポリポリと食べざるを得ず、
息子に木の実を与えておけば、自然と咀嚼回数が多くなる。

落花生などは殻つきのものを購入して、
お母さんと息子が一緒に殻を剥きながら食べると、
息子は自然と咀嚼回数を多くするのである。

スルメや干し肉といったものも
息子の顎を鍛えるには貴重な食品。

息子の場合、まだ顎が発達していないので、
スルメなどは一切れ与えても、
長時間にわたって咀嚼し続けているものだ。

お母さんは自分の虫歯予防のためにも
スルメや干し肉を定期的に食べて、
その際に息子に分け与えるようにしよう!


 
レーシックガイド@ レーシックガイドA レーシックガイドB レーシックガイドC レーシックガイドD