<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決

近視の治療に非常に大きな効果を発揮させることの出来るのがレーシックです。
しかし治療の対象となるのは近視に限ったことではなく、乱視の治療もすることが可能となっています。

 

一昔前のレーシックでは乱視治療を行うのは困難なものでした。
乱視というのは近視と比較をして視力の矯正が複雑になるので不可能とされていましたが、今ではそれが可能となったのです。
時代の最先端の技術によって実施されるレーシックは他の手術と比べてリスクの低い治療方法と言えます。
ただし必ずしもレーシックで視力を回復することが出来るというワケではありませんので、知識を覚えておきましょう。 レーシックの技術が進歩してきたことにより、乱視の矯正も可能となってきました。
乱視も近視と同じであり、角膜の屈折率を矯正してあげることで、元々の視力を蘇らせることが出来るのです。

 



<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決ブログ:19-3-11

「三日間で10KGやせた!」とか
「1ヶ月でモデル体型に!」という文字を見つけると、
つい試したくなってしまいますよね。
私も何度試したことか…

そのような話題になるダイエットの中で、
多くの人がやったことがあるのが
「単品ダイエット」ではないでしょうか?

「バナナダイエット」「りんごダイエット」
「こんにゃくダイエット」…などなど
あなたも、もしかすると1つくらい
挑戦したものがあったりしませんか?

単品ダイエットは、
「ある食品以外絶対食べない」というダイエット方法ですから、
栄養面から見ると体に悪そうというイメージはありますよね。

それでも、次々に新しい単品ダイエットが話題になるのは
なぜだかわかりますか?

それは、とにかく一時的にでも体重が落ちるため、
「ダイエットが成功した」と錯覚してしまうからなんですよね。

でもそれは、
「ダイエットが成功した」のではなく、
単に栄養失調になっているだけ!

生命を維持していく栄養が足りなくなってしまうため、
極端に言えば、命にもかかわりかねない、
非常に危険なダイエットなんじゃないでしょうか?

そこまで深刻な状態にならなかったとしても、
体は栄養失調状態となるため、
食べ物が少しでも入ってきたらすぐため込んでしまい、
リバウンドしてしまうのです。

しかもストレスもたまってしまうため、
体自体に異変を起こすことも考えられます。

このように単品ダイエットは危険なので、
できれば、やめておいた方が良いと、
私は思います。


 
レーシックガイド@ レーシックガイドA レーシックガイドB レーシックガイドC レーシックガイドD