<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第


<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。





<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:18-5-20

現代のたちお子様は
顎が小さくなる傾向にあるらしい。

というのも、
乳児の頃はミルク育児で育ち、
断乳すれば、柔らかい物を食べさせ続けられるからだ。

顎が小さくなれば小顔になれるが、
その代償が脳の委縮であり、
脳が縮まってしまうと、
知能を高くすることができなくなってしまう…

気をつけるべきなのは、
離乳食後の食事であって、
離乳食の時は柔らかい物を食べさせていても、
正規の食事になれば堅い物を食べさせて、
顎をしっかりと鍛えていくべきなのである。

この辺りのことは
母のお子様に対する食事作法に関することであり、
食事作法の中でも
咀嚼回数を多くするということは
最も大事なことだと思う。

咀嚼回数の多いお子様は
咀嚼回数の少ないお子様よりも礼儀正しいものだし、
知能も遥かに高い!

食事を口に流し込むように食べていたら、
他のことをどんなにしつけても上手くいかない…

お子様は母の真似をして食べる姿を整えてくるので、
いくら育児に忙しいからといっても、
母自身が早食いをすべきではないのだ。

母がお子様に対して
咀嚼回数を多くする食べ方を見せるからこそ、
お子様は母の姿を真似て、
咀嚼回数を多くすることができる。

食事の時間が縮まらないように、
家事などはテキパキと行い、
時間に余裕ができるようにしよう!

食事の場は
決して食事だけを食べるのではなく、
情報交換の場としても大事なので、
食事をしながら、きちんと会話することが大切。

お子様が喋らなくても、父母が会話していれば、
お子様はその話を聞いて、情報を頭の中に入れて行き、
脳を刺激させるものである。

食事の際に無言で食べていたら、
その機会を失ってしまい、
頭の悪いお子様として育つ恐れがある。

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)私のレーシック倶楽部