<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第


<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
「本当にレーシックをすることで視力回復を実現できるの?」と疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思います。
実際にレーシックに関する情報サイトを確認してみますと、ほとんどの人がその喜びを感じているという事実があります。 現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。





<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:19-4-18

我が家のむすこが生まれてすぐのことです。

産後、数日がたち、退院が近づいてきた日、
院長先生から、むすこに黄疸が強く出ているので
退院できないと伝えられました。

先生曰わく、
黄疸はどの赤ちゃんでも出るものですが、
それが、強くなると脳の神経に影響して
心身障害を起こすこともあるので…

おれたちのむすこだけ居残りで、
入院して治療しましょう!ということになりました。

目隠しのテープを貼られて、
治療器の中に入れられるむすこを見て、
「かわいそう…」
そう思いながら、むすこを残しておれたちは家路につきました。

それから数日間は、
120分おきのペースで、病院から
「赤ちゃんが今起きましたので、母乳をあげにきてください」の電話が入り、
その連絡にあわせて奥さんは、
タクシーに乗って病院に授乳しにいくという生活でした。

産後で体力が弱っていた奥さんは
さぞ大変だったろうと思います。

初めての娘ということもあって、
おれも、奥さんも、少し不安になることもありました。
「治るよね?」
不安を消すように、そんな言葉が何度かでたように思います。

そんな経緯があったおれたちのむすこですが、
今はおかげさまで健康に育っております。

生まれたばかりの時、
健康ということに不安があった経験をした分、
今、元気なむすこを見ると嬉しく思います。

赤ちゃんですので、
腹が空いたり、お漏らしをすると泣きます。

それが夜更けの2時であろうと、3時であろうと、
父親のあしたが早起きだろうがなかろうが、
親の都合には関係無しに、不快になると大きな声で泣きます。

でも、
健康的な反応である泣き声が
とても嬉しいのです。

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)私のレーシック倶楽部