<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ

レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。

 

ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。
まだまだレーシックという手術は新しい医療方法であり、100%の確率で成功するとは限りません。
つまり視力を取り戻すことが出来ないケースもあるので、レーシックでのリスクも頭に入れておく必要もあります。 ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。

 

フコイダンについて
フコイダンチェック
http://lmf-assoc.jp/



<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイブログ:19-1-20

こんちわっすー

皆様は
減量を実践する時に、
食べる事からオイルを排除することを重視していませんか?

でも、
肉体の中でオイルがに不足すると、肌につやがなくなり、
一生懸命にスキンケアをしても、効果が出にくくなるんですよね!

これは、皮脂がうまく出てくれなくなる為で、
肌の他にも、髪につやが無くなったり、
頭皮が乾燥してフケが出やすくなることもあります。

オイルと一緒に摂取することで、
効率良く吸収してくれるビタミンも存在していますので、
完全に食べる事からオイルを排除するのは、よろしくないみたいです。

減量を成功させる為には、
オイルの種類に気を配ることが大切なんです。

まず、減量で避けたいオイルは
「トランス脂肪酸」と呼ばれているもので、
マーガリン、ショートニング、お菓子などに多く含まれています。

連日の生活の中で、過剰摂取しやすいオイルは、
「オメガ6」といわれるもので、
紅花油、サラダオイル、市販のドレッシングなどに多く含まれているので
注意しましょう。

減量の時でも摂取したいオイルは、
「オメガ3」といわれるもので、
青身の魚類やサーモン、大豆、クルミ、亜麻仁油などに含まれているオイルです。

オイルの製品表示に、
EPA、DHA、アルファ・リノレン酸と表示されているものが、
減量の時に摂りたいオイルなのです。

また、「オメガ9」というオイルも、
悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やす働きがあるので、
健康的な減量には欠かせません。

オレイン酸は、この「オメガ9」の代表的なもので、
オリーブオイル、アボガド、ゴマ油、アーモンド、カシューナッツ、
マカダミアナッツなどがあります。

オイルの種類に気をつけて、美しく減量しましょう!

さあご飯食べよ〜っと。

 
レーシックガイド@ レーシックガイドA レーシックガイドB レーシックガイドC レーシックガイドD